>>2月7日(金) ~ 2月11日(火) 個展開催 @大阪

【0→1からはじめる】絵で個展を開くまでのロードマップ

スポンサーリンク

こんにちは絵描きの一瀬大智です。

絵をこれからはじめたい、活動をしていきたいけど
どうしたらいいの?

絵をはじめようと思ってから
活動していくまでの準備などをまとめてみます。

少しでもこれから絵をはじめてみたい。絵で個展を開きたいと思っている後押しになれば幸いです。

スポンサーリンク

描き始めようとおもうあなたへ

絵を描きたいと思ったけど自由に筆が進まないあなたはコチラを

・まずは描く、一歩めの練習法

 ・紙とペンを用意
 ・描きたいものを見つける
 ・実際に見て描く

>>【絵をこれから始める人へ】まずは一歩、絵をはじめるたった3つの手順【初心者向け】

一歩進んだら

・カタチと影で表現する
 ・カタチ(アウトラインをみる)
 ・影を入れる 立体感と空間をみる

スポンサーリンク

作品編


描くことに慣れてきたらカチッと作品を残してみましょう。
当ブログ(トロイの絵筆)では主に絵画に関することを発信しています。

絵が描きたいんだ!という方は参考にどうぞ。

>>絵画作品をつくる3つのポイント

題材をきめる

>>ざっくりと伝える 絵の主なジャンル

画材を決める

>>絵の具の種類って何があるの?主な絵の具一覧

多くの作品をみて真似る、学ぶ

制作の流れ
・スケッチ

描きたいイメージを書き留めておく。
きっちりと細部まで描くタイプの人もいれば、雰囲気だけでとめる人も。

・転写、トレース
下絵をそのまま絵に使う場合は原寸大(描くキャンバスと同じ大きさ)に描いたものを

トレーシングペーパーや下絵の裏に鉛筆を塗りつけてキャンバスにうつす。

・下塗り
これだけが正解!という制作手順はなく、各々の進めやすいやり方が見つかるはず。

   一例としてみてほしい

形態を
・カマイユ 単色で陰影をつけ描いていき、白でモデリングしていく。
・グリザイユ 白黒で陰影をつけていき形をみていく。
・プリマ すぐに完成形のイメージの色をのせていき
・上層描き

完成に向けて細部をすすめていく。
必要があれば形を見直したり、ボリュームをつけたりしていく。

スポンサーリンク

あなたがどんな絵が描きたいのかを知る


・美術館にいく
・タグボートやサザビーズから現代の作品をしる 
・美術手帖やアートコレクターズなどの雑誌から知る
・見て描くが見たまま描くと同意義ではない
・ペン一本からはじめるスケッチのススメ
・デジタル?アナログ?
・オススメの技法書

スポンサーリンク

絵描き準備編


作品もたまりはじめて絵の発表をしていきたい。
そう思ったときに今後あると便利なツール紹介。

・活動準備編

優先順位

ホームページ=SNS▶️ポートフォリオ▶️名刺

・名刺 デザインを作成するなら → イラレ Canva 印刷 → グラフィック

>>作家活動用の名刺を作成する

・ポートフォリオ (代わりに作品ポストカード)

・ホームページ ペライチ Jimdo

>>【作家活動の広告塔】ホームページをつくる

・SNS(facebook / instagram / twitter)

>>作家活動をはじめたらSNSをつかって情報を発信する

スポンサーリンク

作品の発表場所をみつける

展示会準備編
・DM
・作品数
・会場
・告知
・キャプショ

個展以外にもある絵の発表の仕方

>>グループ展を企画したい!開き方や場所はどうしたらいいの?

スポンサーリンク
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆