>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

2018年の活動

プロフィール
スポンサーリンク

2018年の主な活動を箇条書き形式で

終わってみればなんもしてないなとも思っていましたが
見返せば動いていたようです。

活動にお金がついてきてないのが改善したいところ。
お金があれば活動しやすいのに間違いないですしね。

スポンサーリンク

主な活動みっつ

・グループ展
・ワークショップや運営などのスタッフ
・ライブペイント

それぞれは以下に月ごとに

2018年のグループ展・ワークショップスタッフ・ライブペイント
スポンサーリンク

グループ展

1月   モノレール門真市駅 モノギャラリー 
えのこしま文化芸術センター 「4展」

2月   イロリムラ 「冬の大4角形」

3月   大阪成蹊大学内 卒業制作展示
東京銀座 ギャラリー邨「七光景展」

6月 トリコギャラリー 「no title」グループ展

7月 ギャラリーウォーターベア 「persons exhibition」3人展

8月 アートギャラリー北野 「夏の第4角形」4人展

10月  bar alala 展示
   葛城アート出展

11月  御幣島芸術祭 サテライト会場展示

来場者が10人程度から400人規模まで幅広く経験することになった。
駆け出しで貸しギャラリーで展示すると、目先でみると赤字になりがちなのはなんとかならないかと頭を悩ませるところ。

来年は改善して少しでもプラマイゼロへ。

スポンサーリンク

ワークショップスタッフとか


8月  アトリエヤマダ 西淀川ドラム缶ワークショップ

10月  アトリエヤマダ まんぱく巨大絵本ブース
  アトリエヤマダ 万博文化芸術FES 巨大絵本ブース

11月 気流部 西宮浜 飛び石ワークショップ

12月  アトリエヤマダ アートJAM 巨大絵本ブース

ワークショップスタッフはこどもたちと触れ合う機会が多かった。
こどもからパワーとか刺激もらうことが多いなと気づき。


スポンサーリンク

ライブペイント


6月~  塚本エレバティ「JAZZ’S LOUNGE」 6回

11月  御幣島芸術祭「西淀ブッシュウィック」

12月  塚本エレバティ「塚本はJAZZ日和」

短時間で描いたものを過程も含めて人に見せるというのは自分の中ではとてもチャレンジなことだった。
普段は1人で黙々と描くうえに、時間もなかなかかかって描いているから。

回数を経て少しずつつかめるかな?
20分とかはまだ人に見せれるレベルまでいけないこともわかった。
これは実り、修行あるのみ

スポンサーリンク

おわり

活動としてはこんなところでしょうか。
漏れているところもあるけどカレンダーから読み取れるのはここまで。

今年は金はなくても活動の枠は広がっているなという感触。
大学を卒業して狭かった行動範囲が少しずつ増えた。

ネットからの繋がりが現実に反映されてくるんだというのも面白いところでした。

ブログをみて会いに行った人、SNSを通じて会う人
そこからイベントやお仕事に繋がるってのが多かった。

ギャラリーでの個展や公募、
イベント企画したいと思いながらも流れて行くことも多いので
2019は少しずつ叶えてきたいところ。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

プロフィール
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆