>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

体調って管理できるものなのか

日々の考え
スポンサーリンク

からだのはなし。

いつのころからか3ヶ月に一回は扁桃腺炎や急性胃腸炎なんかで高熱がでることがふえてきていた。

体の具合は自分でわかるほうで、調子悪いなとはその直前には思っているのだが
動きが鈍くなる38度こえたあたりでやっと、あぁ休まなきゃいけないんだとさとる。

大学の時はバカな食生活だったので、治るものも治らず1週間程一人暮らしの部屋で苦しんだ。


卒業後は体調が極端に悪くなることもなく過ごしてきた。
それがどうして、冬も終わりにさしかかった1月後半に熱で倒れることになった。



食生活もあらため、毎食とるようになり適度な運動もして、睡眠もとっていたので(そう思ってただけなのかも)なんだかショックだった。

体調管理が大事とはいうが、くまなく管理できるものではないなと感じたのだった。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

日々の考え
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆