>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

速乾の絵の具ならアクリル絵の具がオススメ

スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

水彩絵具で絵を描いているともっと速乾の絵の具がないのか?
と、使いづらさを感じる方も多いとおもいます。

こんかいは水彩絵具とは一味違う速乾が特徴のアクリル絵の具のメリットとオススメのアクリル絵の具をみていきましょう。

スポンサーリンク

アクリル絵の具の特徴

アクリル絵の具は水彩絵の具とは異なる材料をつかうことで
水彩絵具とは違った特徴をもった絵の具です。

速乾性

アクリル絵の具は水彩絵具に比べて非常に早く乾くのが特徴です。
薄くのばした絵の具は夏場では10分もたたずに乾きます。

耐水性

乾くまでは水で溶くことができるアクリル絵具は一度乾いてしまうと耐水性になり水に溶けません。完全に乾燥すると膜状になります。下の色がとけることを気にせず描き進めることができます。

多様な表現に対応

水を多くすることで水彩のようにも扱えたり、水を少なく濃いまま描くことで油絵具のようにゴリゴリと描くことができます。

アクリル絵の具の特徴まとめ

乾くのが早い
水に強い
いろいろできる

扱いやすいアクリル絵の具

リキテックス

ホルベイン

アムステルダム

マットな仕上がりがよければ

ターナー色彩

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆