>>2月7日(金) ~ 2月11日(火) 個展開催 @大阪

アクリル絵の具のスプレータイプを紹介!【リキテックス・アムステルダム】

スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です
アクリル絵の具のブランドとして知られるリキテックスやターレンスのアムステルダムがスプレータイプのアクリル絵の具を販売しています。

スプレータイプの利点やブランドについてご紹介します。

スポンサーリンク

ブランド別紹介

リキテックス

リキテックスからでているアクリルスプレー
多くのアクリル絵の具シリーズがでているので併用を考えるとリキテックスのスプレーが便利。

ターレンス アムステルダム

ターレンスからでているアクリルスプレー、透明、半透明、半不透明、不透明の4段階の透明度が用意されているので重層による表現に幅をもたせることができる。

ペベオ

フランスのブランド、ペベオからでているアクリルスプレー
リキテックス・アムステルダムと違い布用のアクリルスプレーとして販売されている。

約1時間自然乾燥し当て布をしてドライアイロンをまんべんなく約5分間当ててください。定着後は洗濯可能です。(塗布可能な素材:綿、シルク、麻、ポリエステル、綿混紡、革*²)

ペベオ・ジャパン
アクリルスプレーがでているブランド

リキテックス
ターレンス
ペベオ

スポンサーリンク

スプレータイプアクリル絵の具のメリット

絵具ブランドの鮮やかさ

絵具のブランドが提供しているので、鮮やかに色面を描けます。

においが少ない

有機溶剤をつかったスプレーとは違い、水性のためにおいが少なく
換気を行えば屋内での制作にも使用できます。

チューブタイプと併用

制作中のタイミングを問わず、チューブタイプの絵具やメディウムとあわせて使うことができます。

いろいろな素材につかえる

アクリル絵の具と同じく紙やキャンバスにはもちろん、布や木材や石など様々な素材に使用することができます。溶剤タイプのスプレーだと発泡スチロールに使用できませんが、水性のスプレーのため発泡スチロールにも使用できます。

※ペベオのスプレーを除く

メリットまとめ

鮮やか
においが少ない
絵具と使える
いろいろな素材に使える

【無料メール講座】はじめました【ソロ絵描きの生存戦略】

メールマガジンをはじめました。

こちらのメルマガでは、個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

 

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

 

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

 

気になる方は下記のフォームから登録してみてください。

 

【無料メール講座に登録する】
アクリル絵具
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から8万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆