6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

amazonで購入できるオススメのアクリル絵の具【楽天・yahooでも】

スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

ネット通販サイトamazonや楽天、yahooを通じて購入できる
オススメのアクリル絵の具をメーカー別にご紹介します。

一瀬
一瀬

検索するさいの参考にするもよし、買うもよし

スポンサーリンク

オススメのアクリル絵の具

リキテックス

アクリリックカラー レギュラー

リキテックスから販売されているアクリル絵の具シリーズ
レギュラータイプから上位版のプライム、ゆるめのリキッドなど多くのヴァリエーションが用意されているので、用途にあわせて使い分けることができます。

ガッシュアクリリック

リキテックスのガッシュタイプのアクリル絵の具、不透明で均一にしあげることができます。

ターナー

アクリルガッシュ

ターナーのアクリルガッシュはガッシュタイプの絵の具では多くの支持者がいる人気の絵の具です。不透明で鮮やかな仕上がりが特徴です。
ターナーは和をモチーフにした色や、エヴァンゲリオンの綾波レイをモチーフにした色など多くの色数がラインナップされています。

ホルベイン

アクリリックカラー ヘビーボディ

ホルベインのアクリル絵の具。
しっかりとした粘り気に彩度の高さなどが魅力。
アクリル絵の具ながら油絵具か?といった表現が可能です。

チューブタイプのヘビーボディ以外にもインクタイプや液状のものが用意されているので表現の幅が広がります。

アクリリックカラー フルイド

ヘビーボディとおなじくホルベインから販売されているアクリル絵の具。
サラサラとまではいかない液状のアクリル絵の具。液状なのでボトルから出してそのまま使うことができ、たらしやマーブル表現などチューブタイプとは違う使い方ができます。

ターレンス

アムステルダム アクリリックカラー

ターレンスからでているアムステルダムシリーズ
大容量ながら気軽に手に入る価格設定なのでありがたい。
小さな作品を描くならこのシリーズであればしばらくの間はなくなりません。

アムステルダム アクリリックガッシュ

アムステルダムのガッシュタイプのアクリル絵の具。
ガッシュタイプにしては珍しくこちらも容量が大きめで大きな作品をつくるさいは重宝

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆