6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

美術品はどのジャンルがよく取引されているのか?

絵活動のススメ
スポンサーリンク

多くのジャンルがある美術の市場
どのジャンルが多く取引されているのか?

スポンサーリンク

美術品は何がよく売れている?


「日本のアート産業に関する市場調査2017」より一部抜き取ったもの

各ジャンルごとの市場規模は

洋画    556億円      
陶芸    432億円
日本画   386億円
現代美術  364億円
(平面)
工芸    162億円
版画    151億円
現代美術   99億円
(立体、インスタレーション)
彫刻     92億円
写真     91億円
映像作品   24億円

おそらく洋画・日本画とされるものは現代の作品ではなく過去の作家を取り扱ったもの。

日本の市場では美術品のなかに陶芸・工芸といったクラフトの分野が入っていることがわかる。

スポンサーリンク

現代の作家の市場は


現在活動している作家の多くはここに分類されるんだろう。

現代美術(平面)
364億円

現代美術(立体・インスタレーション)
99億円

洋画・日本画などに比べてずいぶんと市場が小さい。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

絵活動のススメ
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆