>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

画材ってなんて読むの?読み方と意味

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

「画材」ってなんてよむの?なにそれ?

という皆さんに読み方と意味をお伝えしますね。

知ってるよ!という方はふーんと見ていってください。

スポンサーリンク

「画材」の読み方

この「画材」という漢字

がざい

と読みます。

スポンサーリンク

「画材」の意味

絵画や漫画、製図に使う道具全般をさして言います。

もう少し細かくみると

  • 色をつける絵具
  • 紙やキャンバスなどの絵を受け止める支持体
  • 筆などの描くための描画道具

があります。

文房具として一般的に使われているものも場合によって画材と呼ばれる場合もあります。

例えば鉛筆はデッサンなど絵を描くのに使うので画材に入ります。

また画材を中心に取り扱っているお店を画材屋と言います。

スポンサーリンク

さいごに

「画材」の読み方は「ガザイ」

絵画や漫画、製図につかう道具全般をさす言葉

ざっくりいうと絵を描くのに使う道具のことでした。

こちらもいかが↓

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆