6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

【BANKSY】バンクシー展 天才か反逆者か【世界が注目するアーティストが日本へ】

スポンサーリンク

こんにちは、当ブログ(トロイの絵筆)を運営している絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

最近話題のバンクシーってだれ?
どこで展覧会があるの?


世界で注目のアーティスト、バンクシーが日本に初上陸する。

バンクシー展の概要とアーティストの紹介

スポンサーリンク

バンクシーとは


世界中の壁面などにゲリラ的にペイントをおこなう神出鬼没のアーティスト、

社会問題にするどいメスをいれる作品で知られている。

オークション中に作品が切断されたことで大きな話題となった。

近年はグッズの展開や小池百合子現都知事がTwitterに投稿するなど日本でも注目を集めています。

公共物がキャンバス


イギリスで活動をはじめたバンクシーの作品は、警察の目をかいくぐりながらゲリラ的に制作されている。

神出鬼没にあらわれて描かれたグラフィティは世界中の壁や橋、路上に描かれている。

ステンシルをつかって社会批評のつよい作品をいたるところに残していて、誰でも見れる公共物がキャンバスとなっている。

正体をだれもしらない


グラフィティのアーティストとして世界中で有名になったバンクシーだが、

彼の個人情報は現在もあかされていない。

誰かわからない匿名性と、神出鬼没な制作スタイル、高い社会批評生に日に日に注目があつまっている。

公共物にスプレーで落書き
正体がわからない正体不明のアーティスト

スポンサーリンク

バンクシー展 天才か反逆者か

世界4都市で100万人を動員する展示
空間を使った展示やオリジナル作品が70点


世界4都市で開催され、100万人以上を動員する展覧会「バンクシー展 天才か反逆者か」が横浜で開催される。

世界各地を巡回中の大型展示をベースに日本独自の展覧会を東京で開催。

インスタレーションやオリジナル作品を紹介する内容です。

イギリスを拠点に活動しているバンクシーの作品70点以上が日本初上陸する

スポンサーリンク

BANKSY展の情報

【バンクシー展 天才か反逆者か】
開催期間:2020年3月15日(日)〜9月27日(日)
会場神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル2F

東京・大阪にも


全国2カ所に巡回横浜での展示終了後、東京と大阪にも巡回が予定されている。

いま注目のアーティストの展示が日本でみれる機会

世界中が正体を知りたがっているバンクシーの一端がのぞけるこの展示にあなたも行ってみてはいかが?

スポンサーリンク

さいごに

世界で注目のアーティスト、バンクシーの展覧会が2020年秋に開催
日本でも話題が多い謎のアーティスト、バンクシーの作品

どんな展示内容になるのか楽しみですね。

>>バンクシー展

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

オススメの展示・気になる展示
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆