6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

油絵具とアクリル絵具は何でできている?違いは?

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

なんだか扱うのが難しい印象の油絵具

使ってはいるけど中身がなんだか知らないアクリル絵具

 

二つの絵具、実はちょっとした中身の違いで名称が違うって知っていましたか?

今回は二つの絵具が何でできているかをみていきましょう。

 

スポンサーリンク

絵具は何でできている?

 

絵具は大きくわけて二つの素材でできています。

 

色の粉 + のり(接着剤)

 

の二つです。

色の粉は大きさの違いなどはあっても、どの絵具も対して変わりありません。

 

紙は支持体に固定するための のり(接着剤) が変わることで絵具の名称が変わるのです。

 

 

スポンサーリンク

油絵具は何を混ぜている?

 

油絵具は名称のとおり

 

色の粉 + 油

 

でできています。

 

もう少しみてみると油にもいくつかの種類があります。

 

・乾性油 → 実際に接着に使われる油。化学反応を起こすことで固まる。

 

・揮発性油 → この油で溶くことで柔らかさや濃さを調節する。揮発するため画面には残らない。

 

・速乾材 → 早く乾かすために使われている。乾性油だけだと固まるのに時間がかかるので、乾きを助ける速乾材をいれているものが多い

 

これらが調合された油を色の粉と混ぜることで油絵具となっているのです。

 

 

スポンサーリンク

アクリル絵具は何を混ぜている?

 

色の粉 + アクリルエマルジョン

 

通常のアクリル絵具は色の粉とアクリルエマルジョンと呼ばれる溶液を混ぜることで作られています。

 

アクリルエマルジョンはアクリル樹脂を水の中に攪拌させたもの。

マヨネーズのように油分と水を混ぜたものだと思ってください。

 

 

スポンサーリンク

二つの絵具はどう違う?

 

ここまで二つの絵具は のり(接着剤)

が大きく違うとお話してきました。

 

のり(接着剤)が違うことでどういった違い、特徴がでるのでしょうか?

 

油絵具の特徴

 

・水で薄められない

 

・揮発性の油を使うため臭いがすごく、換気を必要とする。

 

・乾く時間がほかの絵具と比べて非常に遅い。

 

・蒸発しないので絵具の形がそのまま残る(やせない)

 

・陶器のような滑らかな画面を作ることができる。

 

アクリル絵具の特徴

 

・水で溶いて使うことができる。

 

・乾くのが早く臭いもない。

 

・するどい線が描ける。

 

・多くの素材に描くことができる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

さいごに

二つの絵具の違いを見てきました。

 

油絵具 = 色の粉 + 油

アクリル絵具 = 色の粉 + アクリルエマルジョン

 

絵具は色の粉に混ぜるものが変わるだけで大きく特徴や使い方が変わるなんてびっくりですね。

 

アクリル絵具は利便性や使いやすさが抜群です。

油絵具は不便な面もありますが、それ以上に生まれる効果に魅力があり今も多くの人が使っています。

 

特性を知ったうえで美術館に行ったり、実際に絵を描いてみると少しだけ世界が広がるかもしれませんよ。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆