6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

琵琶湖一周(ビワイチ)して何を得たのか

散歩や旅の情報
スポンサーリンク

4月の琵琶湖一周(ビワイチ)で何を得たのか?

待っていても基本何も起きない。

よく旅をして人生変わった!や多くの出会いがあった!
などという夢踊ることを言う人がいますが、基本的には何も起きません。
ものすごく親切な方がいれば、困っていれば助けてくれます。
話を聞いてくれます。しかし、なにもしなければ基本何もない。
今回学んだ1番はこれです。

自分の性格が分かる。

改めて自分の性格と向き合うことになります。
多くの人がいる場所には立ち寄りたくない。自分からは話しかけられない。
一人飯したいけど一人飯できる店って少ない。
など自分の性格ってこうだよね!ということが多くなります。

何に興味を持っているのかわかる。

琵琶湖一周の当初の目標は琵琶湖一周と人と会うこと!とか思っていましたが、
案外人に興味がないなーと走りながら思い返しました。
どちらかというと野鳥や風景ずっと見てる。あ、ヤギいる。あートンビいっぱい。
人と会うよりも自然と触れ合うほうがしっくりくるんだ。
と発見しました。

運動不足の体にムチを打てる。

普段あまり動かない生活なので、1日目にして体がギブアップと言っていました。
しかし行くも帰るもどちらにしろ何キロも走らなければならないので、
一周中は1日50キロペースで走ることになりました。
おかげで少しだけ足が引き締まった気がする。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

散歩や旅の情報
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆