ドラム缶で絵本を作ろう-行政プロジェクト- サポートとして参加

2018年8月に西淀川区で開催された巨大絵本作家 で
アトリエヤマダ の山田龍太さん「ドラム缶で絵本をつくろう」にサポートとして参加しました。

ドラム缶絵本をつくろう!とは

 平成30年8月8日に区内の中学生・高校生を対象に、巨大絵本作家の山田龍太さんが創作ワークショップ「ドラム缶で絵本をつくろう!第1弾」を行いました。「ものづくりのまち」を象徴するドラム缶を素材に、西淀川区の【過去・現在・未来】をテーマに12個のドラム缶を製作しました。完成した12個のドラム缶の絵は、過去から未来へとつながる「ドラム缶絵本」となりました。

大阪市ホームページより

12個のドラム缶に中高生がチームをつくって描いていきました。

当日の様子はコチラから

参加した好文学園のレポート