>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

打上花火を誰とみる

日々の考え
スポンサーリンク

あなたは今年誰と花火をみただろうか。

 

大阪では今日淀川花火大会が行われた。

たくさんの人で賑わう梅田駅の人波に逆らいながら帰路につく。

友人と話合いのあと今日はどうするのだ?や、あー浴衣が綺麗だなあと呟きながら。

 

帰りの電車内でドーン、ドーンと音が扉を揺らす。

4人座りの席に座る親子連れが「あ、花火!」とはしゃぐ声が響く。

 

それにつられて多くの人がどこだどこだと顔を左右へふらつせる。

カップルや連れがいる者はオー!綺麗だねえと楽しむ人たち。

 

 

川沿いから上がる花火と電車内の歓声、声をあげることもなく見つめる自分。

 

あぁ来年は花火を見るのもいいなあと思いながらスマートフォンに目を落とす。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

日々の考え
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆