>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

膠ってなに?なんて読むの?なにに使うの?

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

さっそくですが「膠」この文字なんて読むかわかりますか?

この膠という漢字「にかわ」と読みます。

「にかわ」は英語では animal glue または単に glue と表記されます。

そんな「にかわ」はなにに使われているのでしょう?

スポンサーリンク

膠はなにに使われている?

製本や壁紙、木工などの工芸品

また画面に絵具を固定させる接着剤として幅広く使われている。

現代でも日本画の分野で使われ続けている。

スポンサーリンク

膠はなにが原料?

動物の皮膚や骨のコラーゲンを煮出して抽出したもので

牛や鹿、魚など多くの動物が活用されている。

兎膠は洋画の分野で多く使用されている。

世界各地で手頃な動物から抽出され利用されていたとされる。

スポンサーリンク

膠は実はあの食べ物なんです

膠は実は食用として使われています。

じつは「にかわ」は「ゼラチン」なんです。

こまかく分けると日本では

純度の高い医療用や食品用とされるものをゼラチン

画材や工芸の接着用途に使うものは膠とされています。

スポンサーリンク

さいごに

」という漢字は「にかわ

主な用途は絵具や工芸品などなどの接着剤として

実はゼラチンとおなじもの

なので接着剤として使っているものも

固形で市販されているものを約60度に湯煎し溶かして使用します。

一般的な画材屋さん、なければ日本画材料をとりあつかっている店舗で購入することができます。探している人は画材屋さんにぜひ。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆