>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

アクリルガッシュといえば?有名なメーカーを紹介

アクリル絵具
スポンサーリンク

学校の課題やデザイン、イラストで使う機会が多いアクリルガッシュ。

多くのメーカーから絵の具がでていますが、メジャーなものはどれなのでしょうか?

主なメーカーのものを紹介します。

スポンサーリンク

アクリルガッシュって?


アクリルガッシュの特徴

・水で溶いて使う絵の具
・ムラなくマットにしあげられる。
・鮮やかな色
・耐水性なので重ね塗りが簡単
・水で薄めることで濃淡を使える。

スポンサーリンク

アクリルガッシュといえばここ!ターナー色彩

一番メジャーでお店にも多く出回っているターナーのアクリルガッシュ。
普通色のほかパールや蛍光色、メタリックや和色など約200色がそろっていて色んな表現ができますね。

絵の具に混ぜて使うメディウムを混ぜれば布やガラス、木材にキレイに塗れますよ。

スポンサーリンク

リキテックスのガッシュ・アクリリック

色数は74色とターナーに比べるとすくなめですが、4000mlの大きなボトルまで取り扱っています。

チューブには明度・彩度・色相・顔料名など各種情報が記載されていて親切。
色を気にしながら制作する人にはとてもありがたい表記です。

スポンサーリンク

ホルベインのアクリラガッシュ


ホルベインから出ているアクリルガッシュ
20mlのチューブは約100種類の色数で、混色をするぶんには困ることはないはず。

経済的な大容量マットアクリル絵の具もあるので多く使いたい場合はそちらも。

スポンサーリンク

さいごに

一番メジャーオススメなのはターナー色彩のアクリルガッシュです。
色数も一番多くパールや蛍光色などを使うことで表現の幅もひろがります。

他のメーカーも使うことに問題はありませんが
画材店でもターナー以外のアクリルガッシュは取り扱っていなかったりするので、そこが困ったところ。

とくにこだわりが無ければターナー色彩を

色味や絵の具の硬さが違うので、気いらない!という方は他のメーカーも試してみるといいでしょう。


【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具 画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆