>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

家の近くにも!緑地や緑道は散歩にオススメスポット

散歩や旅の情報
スポンサーリンク

散歩でどこ行こうかなと迷っているあなた、

近くに「緑地」があれば行ってみるといいかもしれませんよ。
google mapで調べてみると案外近くにあるかも。

緑地を歩く魅力についてご紹介。

スポンサーリンク

緑地って何?

ざっくり言うと樹木・草花に覆われて自然が多い土地のこと。
公園や広場がセットになった「公園緑地」や「緑地公園」も多くありますね。

河川沿いや廃線をつかった遊歩道や自転車専用道路は緑道(りょくどう)と呼ばれています。

スポンサーリンク

緑地・緑道のオススメポイント

緑がおおく和む

住宅街の近くにあることも多い緑地ですが、
入ってみると緑が多く心和みます。

ベンチや休憩スペースがある場所も多くのんびりと過ごせますよ。

四季を感じられる

季節によって木々の変化を楽しむことができます。

初夏は太陽の日差しと青い葉が、秋には黄色や赤に染まった木々が、
冬にはザクザクと音を鳴らす葉っぱの道に心踊ります。

生き物を観察できる


緑地には川や池があることも多く、住んでいるコイや魚をぼーっとながめるのはオススメ。
時期がよければ池に水鳥も集まってにぎやかになっているかも。

場所によってはリスやイタチを見ることもできますよ。

写真が楽しい


生き物や四季のうつろいを写真にのこすのも楽しくなります。
本格的なカメラでなくても気に入ったものをスマホで気軽に撮る。

光がいい時間帯(朝とか夕方)はキレイな写真が撮りやすいスポットだとも思います。

スポンサーリンク

さいごに

緑地や緑道を散歩するときは意識的に周りを見ながら、音を聞きながら歩いてみると、発見があるかも。

風がふく音、葉が揺れる音、鳥の鳴き声、発見があると散歩はどんどん楽しくなっていきますよ。


【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

散歩や旅の情報
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆