グループ展とは?個展と何が違う?参加したい時の行動まで。

こんにちは、画家の一瀬です。


「グループ展って初めて聞いたんですけどなんなんですか?」
「個展とグループ展って違うの?」
「種類とかはあるの?」

といった疑問にこんかいはお答えします。


あいまいに言っていたグループ展や個展の違いや、
どんなものがあるかザックリ解説していきますね。


僕も画家としての活動のなかで、
数多くのグループ展に参加していますので精一杯お伝えしますね。


それではみていきましょう。

グループ展とは



グループ展とは複数人でおなじスペースをつかっておこなう展示会のことです。


2人から多いものでは100人近く参加しているものも見かけますね。

グループ展は複数人で行う展示会のこと

グループ展と個展の違い


では、グループ展と個展の違いはなんでしょうか。


個展は、「個」人の展示という文字通り、1人での展示会の意味合いで使われています。

1人でスペースをあつかう場合のことをさすんですね。


なので下記のとおりですね

個展 = 1人
グループ展 = 複数人

意味はわかりましたね。

今回はグループ展を「だれが行なっているのか?」でタイプわけしてみます。

タイプ



グループ展ですが、どういったタイプがあるんでしょうか。

ざっくりみますと3つかなと。

1:ギャラリーなどスペースの企画
2:個人の企画
3:自分で企画

それぞれみていきます。

1:ギャラリーなどのスペースの企画


ギャラリー側が企画して作家をあつめて、展示するタイプですね。


比較的初心者でも一歩目として踏み出しやすく、
レンタルギャラリーでの企画であれば公募しているので、参加しやすいものが多いです。

個人の企画


主催するのがギャラリーとは違って個人が、なにかテーマを決めて作家を集めて開催するパターンですね。

知人で企画している人がいれば誘われるかもしれないですね。

自分で企画


あなた自身が企画するパターンもありえます。

スペースを借りるなり、企画を持ち込んだりして、スペースを確保。誘いたい人に声をかけて展示会をする形ですね。

手間はかかりますが、自分で企画するので自由度の高さがありますね。

グループ展はやりやすい?



駆け出しの作家のなかには、「個展は荷が重くてなかなか踏み出せない…。」という人も多くいます。


そういった場合には複数人でするということもあり、責任感も減るので比較的行動しやすいですね。


実際僕も、活動当初はグループ展から参加しはじめました。
そんなグループ展に参加するにはどうしたらいいのか。

参加したいときは

募集を探す


先ほどもお伝えしたとおり、レンタルギャラリーのなかには、ギャラリーが企画して、公募しているグループ展がけっこうあります。


そういった募集をさがして応募すれば参加することができますね。


グループ展を開催しているギャラリーのホームページや、募集のチラシが各所に置かれていることもあります。


だいたいのグループ展が参加料がかかるのでお財布との相談も必要ですね。

SNSを活用する


募集を探すのにSNSを活用するのもひとつです。

Twitterで「グループ展 募集」などと検索するとわりあい出てきたりします。

簡単に調べられるので一度興味があれば調べてみるのもありです。

企画したい


「他の人が企画したものよりも、自分で企画したほうが面白そうだ。」

という人も一定いると思います。
その場合は、

見知った仲の人とする
いい人をスカウトしてくる


などで一緒にやる人を集めて、スペースを確保して開催することができますよ。
だいたいは以下の流れです。

人を集める → テーマなどを決めるなら決める → スペースの予定を抑える → DM(ポストカード)などで告知をする → 当日までの準備 → 展示会

個展と動きとしてはほぼ変わらないので
下記の記事を参考にしてみてください。

>>【はじめての】個展までのロードマップ


・・
・・・
こんかいは以上ですね。
グループ展と個展などの違いはわかりましたね。

もしこれから活動していくのであれば、最初の一歩としてグループ展いいかもしれませんよ。