6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

絵描きが本を読むことのメリット

スポンサーリンク

こんにちは、当ブログ(トロイの絵筆)を運営している絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

絵かくだけでよくない?
本読んでなにになるの?

そう言わずに本をたまには開いてみてください。
絵描きでも本をよむメリットがあります。

スポンサーリンク

本は繰り返し読める知識の貯蔵庫です


本は著者の体験や考えが文字になって集まったもの。
読むだけで自分とは違う人生を歩んでいる人の人生を疑似体験できるものです。

体験や考えたことを知れるひとつのメディアとして優れています。

文字ベースなので何回も刷り込める


本は文字で綴られているので、自分のタイミングで何回でも読むことができます。
繰り返しよむことで気になる考えをじわじわと刷り込んでいきます。

また好きなポイントだけ開いて読むことができるのもいい点です。

タイミングによって響く言葉は違う


はじめに読んだときは全然響かなかった言葉が、数ヶ月後、数年後に読むとハッと理解できたり、じんわりと響いてくることがあります。

最初はなんてことないことのように思えた文章も気が向いた時にもう一度読んで見るとそのときの自分の体験で見方が変わるのが本の面白いところです。

絵描きであれば日記や手記

ダヴィンチ、ゴッホ、鴨居令などなど
画家やアーティストで日記や手記を残している人が多くいます。

著名な人物であれば図書館や書店にも並んでいるので、

どんな考えをもって描いていたかを知ることも参考になります。

スポンサーリンク

絵描きでも読書は重要だと思います


自分には武器がないと思う人は積極的に読書をすることをおすすめします

読書をすることで先人の体験や考えをつまみぐいすることができるからです。

また、コミュニケーションが苦手な人ほど読書は有益だとおもいます。

本は自分のペースで対話することが可能だからです。


普段は本を読まないあなたもこの機会にぜひ本を手にとってみてください。

物がかさばるのが嫌というあなたは、現代は電子書籍があります。
場所をとらずにスマホなどの電子媒体からいくらでもめくれる時代ですので、そちらからどうぞ。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

日々の考え
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆