>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

スマホでも絵は描ける!アイビスペイント

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

スマホさえあれば絵が描けるよって話。

スポンサーリンク

スマホで絵が描けたら、持ち歩くのスマホだけでええやん?

出掛けるときにはノートと筆記具を持っていくようにしている。
ちょっとした空き時間や移動時間にでも絵が描けるようにだ。

しかしバッグにしまっていると取り出すのがおっくうでなかなか出さない。
道具出不精といったところ。


使わないものを持ち歩くのもなんだかなあと思っていたところ、
スマホで絵が描けるなら解決では?と思い立った。

スポンサーリンク

お絵描きアプリをインストール


どうやらスマホのアプリでお絵描きアプリがいくつか配信されている。

androidユーザーのお絵描きアプリは
2つがよくオススメされているようだ。

アイビスペイントX
メディバンペイント


アイビスペイントXをインストールしてみた。

アイビスペイントXはこちらからダウンロード

メディバンペイントが気になる人はこちら

スポンサーリンク

お絵描きアプリの使い心地は?


使っていて気になったところは

線を引くとき指で手元が見えない
デジタルを使ったことがないと混乱する
スマホでは画面が小さい


線を引くときに引いている線が見えないのは結構な違和感。
100円均一で調達したタッチペンを導入して多少楽に。

ボールペンにアルミホイルを巻くとかタッチペンの自作もできるようなので、作ってみてもよし。

線がよれるのが気になる人は補正も調整できるので便利だね。

書き直しがいくらでもできる!
物理的場所を取らない!

書き直しがいくらでもできるので、失敗が怖くないのでガシガシ描ける。

スマホとメモリ容量さえあればいくらでも描いていいってのはとてもいい!

これから外で描きたくなった時はとても役立ちそう。

画材をとりだすのもおっくう!
でも絵を描きたい!!ってひとはスマホで描いてみるのはいかが?

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし 絵の道具
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆