6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

京都で人気の画材屋さん4選

スポンサーリンク
スポンサーリンク

画箋堂

京都の老舗画材店。三階建の店舗には所狭しと絵画用品が陳列されている。
模型や工作用品も販売されています。

〒600-8029 京都府京都市下京区西橋詰町752
10時00分~19時00分

スポンサーリンク

丸栄ガクブチ

近鉄丹波橋近くに店舗をかまえる丸栄ガクブチ
額縁のほかにも画材全般を取り扱っています。

京都中心部からは少し離れていますが、通っている方が多くいるガクブチ屋さんです。

〒612-8082 京都府京都市伏見区両替町14丁目 165番地
10時00分~18時00分

スポンサーリンク

アークオアシス

京都駅近くのイオンに入っている画材店
アクセス良好なのでお出かけついでにいける立地なのが嬉しい

〒601-8417 京都府京都市南区西九条鳥居口町1−番地 イオンモールKYOTO Sakura館
10時00分~21時00分

スポンサーリンク

バックス画材

京都造形芸術大学からほど近くにある画材店
美大の近くにあることもあり品揃えが豊富。
二階がギャラリーになっていて、定期的に展示があります。

〒606-8167 京都府京都市左京区一乗寺樋ノ口町11
11時00分~19時00分

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材屋
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆