6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

【おすすめの展示】2020年の美術展を取り扱った雑誌【めぐるお供3選】

スポンサーリンク

こんにちは、当ブログ(トロイの絵筆)を運営している絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

ことし美術館にいきたいんだけど、どこかおすすめはないかしら?

小さい画面で見るのは疲れるし、できれば雑誌で見れたら私はうれしいわぁ


2020年オススメの展示会がわかる、美術展特集をした雑誌を3選お伝えします。 家で読みものとしてもよし、美術館巡りのお供としてもよし

スポンサーリンク

日経おとなのOFF 2020年 絶対に見逃せない美術展


日経大人ののOFFでは本誌でも美術展特集をしてオススメポイントをまとめてくれており、

付録として文庫本サイズの持ち運びやすい展示リストが付録としてついてきます。

期間もリストでわかりやすく伝えてくれているので付録パワーつよいですよ。

美術館にあまり行かないけど興味があるというかたはとっつきやすい内容です。

付録が3つ付いている
展示ハンドブックつき

スポンサーリンク

芸術新潮 特別付録:芸新手帳2020


目玉美術展として25の展覧会をピックアップしておすすめしてくれる芸術新潮

ほかにも2019年の美術館来場者数など気になる話題がまとめられています。

付録には280館の美術館情報が記載された「芸術手帳」が付属しています。

内容はアーティストや内容に詳しくない方でも例えを交えて教えてくれる内容なので、こちらも日経OFFとあわせて初心者の方におすすめしたい雑誌です。

詳しくなくてもわかりやすく伝えてくれる
2019年来場者数などの気になる話題アリ

スポンサーリンク

美術の窓 2020年 “今年の展覧会250”


美術の窓2020年 時期のギャラリーや団体展の情報などを取り扱っている美術の窓でもおすすめの展示特集がされています。

アートイベントや新しいアートスポットに関しても記事が書かれているので

美術館以外にも情報がほしいあなたにはぴったりの内容です。

技法情報などの記事もあるので、絵を描く方で展示もみに行くあなたは美術の窓をオススメします。

制作している方向け
新アートスポット情報なども

スポンサーリンク

さいごに


2020年オススメの展示会がわかる、美術展特集をした雑誌を3選お伝えしました。

・日経おとなのOFF
・芸術新潮
・美術の窓


スマホの小さい画面で見るのは疲れるし雑誌がやっぱりいいあなたは雑誌を手に美術館をめぐってみてはいかが?

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

おすすめの本
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆