6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

油絵具の基本セット入っている12色は何色?

油絵具
スポンサーリンク

100色以上が市販されている油絵具

はじめたばかりだとどれを選んだらいいか悩んでしまいますね。

そんな時に初心者が最初に手に取りやすい基本色セットがあります。

基本色セットに入っているものはどんな色が入っているのでしょう?

スポンサーリンク

各メーカー多少の違いがある。

明確にこれが12色の基本色だ!と決まっているわけではなく、

各メーカーで基本色セットの内容がすこし違います。

今回はホルベインの12色セットを例にみてみましょう。

スポンサーリンク

基本の12色

名前だけではわからないのでイメージしやすいように()内に色をいれますね。

赤・オレンジ系

クリムソンレーキ(赤)

バーミリオンヒュー(オレンジ)

黄系
パーマネントイエローライト(明るい黄色)

緑系

ビリジャンヒュー(緑)
パーマネントグリーンペール(黄緑)

青系

コバルトブルーヒュー(青)
ウルトラマリンディープ(青)

土系

イエローオーカー(黄土)
バーントアンバー(茶)

バーントシェンナ(赤みの茶)

ブラック・ホワイト

アイボリブラック(黒)

パーマネントホワイト(白)

スポンサーリンク

12色セットだけで絵は描ける?

基本色セットに入っている色でひととおりの混色が可能になります。

絵はもちろん描けるのですが

色味がなんだか違う

もう少しこの色の種類が欲しい

なんてこだわりが出てきます。

スポンサーリンク

お気に入りの色を見つけよう

絵具はおなじものを買い足しがちなところ。

気に入らない場合は思い切って違う色を試してみることをオススメします。

同じ名前の絵具でもメーカーによっても色味が異なったりします。

少しずつ買い足して行ってお気に入りの色をみつけてみてください。

スポンサーリンク

さいごに

今回はホルベインの12色セットを例に入っている基本色をみていきました。

どのメーカーも調べてみると

赤(オレンジ)・黄・緑・青・土・白・黒

が基本色として入っているようです。

絵具を増やすことをすすめましたが、

三色だけで描く!白と黒だけ!でももちろん絵をはじめることはできます。

基本色セットを買うのもなんだかなという人は好きな色からはじめてみるのいいですね。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

油絵具 画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆