>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

なるべくミニマルに

日々の考え
スポンサーリンク

なるべくミニマルに生活したいという話

スポンサーリンク

物が多いと気持ちがゴチャゴチャ


物が多いと散らかしグセもあり、すぐ部屋が散らかってしまう。
部屋が散らかるとスッキリ作業ができない。

また片付けるが、すぐに散らかってしまう。

散らかりは精神状態を表すというが、あながち間違いではないと思う。

スポンサーリンク

物を減らせば散らからないが、


なるべく物を減らして、散らからないようにしたいと思う。

何が散らかるのかというと、服や本、電子機器のガジェット類だ。

服は数着、靴は二足と身につける物は少ないのに、道具が多いといった感じ。

絵を描くとどうしても物が肥大化しがちである。

スッキリした環境に絵ももっていきたい。

スポンサーリンク

すぐに移動できるように

ものが少なければ、旅にでるときもサッといつものものを詰めればいい。
引越しや移動も楽チンだ。

絵に関する道具もパッと運出せるくらいコンパクトに納めて移動する絵描きがカッコイイなあ。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

日々の考え
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆