6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

大阪中崎町でコミックアートのギャラリーといえばここ!3選

ギャラリー
スポンサーリンク

レトロな町並みとカフェの多さで観光客が多く訪れる中崎町周辺

この町は大阪でも有数のギャラリースポットです。

中崎町周辺の多くのギャラリーのなかでもコミックアートやイラストを多く展示しているギャラリーを3つ紹介します。

3つのギャラリーは公募展も多く行っているので要チェックです。


スポンサーリンク

ぎゃらりぃあと


中崎町から徒歩5分の住宅街のなかにギャラリーがあります。

ぎゃらりぃあとはコミックアートに特化した貸しギャラリー

月に一回公募展を開催していて展示未経験という方でも応募できるという若手作家への間口が広いのが魅力です。

さわやかな透明水彩の作品が多い印象です。

ホームページはこちら↓
ぎゃらりぃあと


スポンサーリンク

アトリエ空白

中崎町からは少し離れて阪急中津駅の近く

今はシャッターが多い商店街、中津商店街の東側にあるアトリエ空白です。

オーナーによってリノベートされたギャラリー内装は展示によって姿が変わるので行くたびに新鮮さがあります。

イラストを中心に絵画や切り絵の展示が多く行われています。

こちらのギャラリーも公募企画展を開催しているので、気になる方はチェックです。

展示作品は儚さを感じさせるイラストが多い印象です。

ホームページ
アトリエ空白


スポンサーリンク

SUNABA GALLERY


中崎町から歩いて5分ほどのビルの3階に入っているギャラリー。

大阪日本橋にあったギャラリーが2017年に中崎町に移転しました。

作家やコレクター様々な人が集まる「砂場=SUNABA」になるようにとオーナーさんが名付けました。

こちらも多く公募展を行っているので作家のかたは要チェックです。

作品の印象としては少しダークで陰を感じるものが多いです。

ホームページはこちら↓
SUNABA GALLERY


スポンサーリンク

さいごに


中崎町周辺にあるコミックアートを展示しているギャラリーを3選お伝えしました。
・ぎゃらりぃあと
・アトリエ空白
・SUNABA GARELLY

3つのギャラリーどれも見て楽しむだけではなく定期的に公募展を開催しているのでイラストで作家活動していきたいというかたは1度チェックしてみてはいかがでしょうか。

どのギャラリーもホームページ以外にTwitterで情報発信しているのでSNSものぞいてみましょう。

中崎町にはほかにも
・イロリムラ
・アトリエ三月

など多くのギャラリーがありますよ。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

ギャラリー
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆