>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

収入はほぼゼロ、今月の収入をみる

スポンサーリンク

大学を卒業してはや半年たったが、いまだふわふわの収入はほぼほぼゼロである。

 

そんななか生活費もまかなえないが少しずつ入っているので、どんなことをしているかのこしておく。

働くとはなんだという状態が続いている。

現在の活動と主な収入源

 

スポンサーリンク

収入が発生しているもの

  • 土日祝のバイト/1日3時間~6時間(8月後半より開始)月約2万
  • 路上似顔絵(1日約6時間ほど座る) 1日約3000円 これから6000円以上に増やしたいところ
  • 名刺・フライヤーデザインなど 一本約5000円 9月は1本のみ
  • ライブペイント 月に一回平均約3000円
  • イベントスタッフ 一回で約6000円 不定期

 

 

スポンサーリンク

収入が発生していない活動

  • グループ展などの展示活動
  • 住宅・ギャラリーの改装助っ人

 

それで月の収入は?

合計で9月は約4万の収入だろうか。支出のほうが現在多い状況が続いている。

 

銀行口座に残っているお金と日銭稼ぎで生き延びているといった感じか。

 

仕送りなどの親からの支援はもらっていないが、一部親負担。

げんざいシェアハウス中の相手にだいぶ助けてもらっている。ありがとうございます。

 

こんごはどうする?

 

当面の目標は絵を描いて生活すること。

しかしゴリゴリと営業などをかけているわけではないのが必死さが足りないところか。

少しずつデザインなどは話がまわってくるので、絵もまわしていければと考えている。

 

さいごに

 

画家として活動していくことを大学卒業当時は考えていたが、生活基盤をまずは固めないことにはどうしようもない。

 

それが就職やバイトといったことになるのだろうが、そこに対してあまり気がいかないというのが正直なところ。

 

絵を描いて稼ぐをこれからじわじわと実践していく。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

日々の考え
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆