【疑問を解消】アクリル絵具ってなにで描くの水で薄める?水の他には…?


こんにちは、当ブログ(トロイの絵筆)を運営している
絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です。

アクリル絵具ってなにで薄めたらいいの?
水以外でなにで薄めるの?


そんなあなたにオススメの記事です

▼こちらも参考にどうぞ▼

>>アクリル絵の具に関する記事あれこれ

水で薄めて描ける

アクリル絵の具は水でとくことで絵が描けます。

乾くまでは水性の絵の具なので水で調節しながら
様々な表現をうみだすことができます。

多く水をいれると

透明水彩のような透明感を活かした絵の具に

水を少なくすると

油絵のような重厚で盛り上げたような表現も

・アクリル絵具は水で描ける
・アクリル絵具は水の量で表現を変えれる

必ず水を混ぜるの?


水を必ずまぜなければいけないというわけではありません。

自分で使ってみて
描きやすい絵の具の固さに調節してください。

水を混ぜなくても描き方によっては絵は描けますよ。

・水は混ぜなくても使える
・混ぜずに使うと盛り上げ表現ができる

水以外には何で薄められる?


水以外はアクリル用メディウムというものがあります。

メディウムを使うことで絵の具に強靭な塗膜をつくりながら
絵の具をゆるめたり、透明感やツヤを高めたりできます。

・ペンチングソルベント
・ジェルメディウム


の2種類ご紹介します。

ペンチングソルベント


アクリル用うすめ液
水のかわりに使ってアクリル絵の具を薄めることができる。

油絵のペインティングオイルのイメージ

ジェルメディウム


絵の具に混ぜることで透明感とツヤを強めることができ、

固いものやマットなものなど
使い分けることで多くの表現につながります。

もともとゆるい絵の具を使う


ゆるいリキッドタイプの絵の具を使うことで

水を混ぜなくても絵をそのままスイスイ描けます。

さいごに


アクリル絵具は

・水で薄めて描ける

・混ぜずにそのままでも描ける

・専用の薄め液を混ぜると表現が広がる
-ペンチングソルベント
-ジェルメディウム

・もともとゆるい絵具をつかう


▼ほかにもこちらの記事も参考にどうぞ▼