絵具で肌色をつくるには?

絵具で肌色をつくるには何色を混ぜればいいのでしょう。
肌色のつくりかたをチェックしてみましょう。

こんにちは画家の一瀬大智です。

肌色といっても多種多様ですが、今回目指すのは
クレヨンのはだいろ(ペールオレンジ)のような色

あの色味を作りたい時は何を混ぜればいいのでしょう?

基本は3色をまぜて調整を!

肌色は

赤+黄+白

の3色で作ることができます。

そのほかでも肌色に

茶+白

オレンジ+白

でも肌に近い色味になります。

茶+白では色黒な肌
オレンジ+白では鮮やかな肌

混ぜる色の量を変えることで
好みのはだいろをみつけだしてくださいね。

透明水彩で肌色は?

紙の白や下の色を活かして肌色に近づけたい場合は

白をまぜずに赤+黄で作った色で描くか、

フィルターを一層ずつかけていくつもりで、
赤や黄、オレンジをかけていくといい色合いになりますよ。