>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

絵画を自宅に飾りたい!吊り金具のヒートンってなに?

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

美術館やギャラリーで絵が壁につられているけど
あれってどうやって吊っているの?

こんにちは、画家の一瀬大智です。


絵画を壁に掛けるさいのつり金具をご存知ですか?

スポンサーリンク

吊り金具のヒートン

パネルやキャンバスによく使われるのはヒートンという金具。

ヒートンは頭に輪っかがついたネジのようなもので、
ねじ込んで物を吊るために使う金具。

ヒートンは、壁などにねじこんで物を吊り下げるために用いる金具の一種。英語ではScrew eyeという。

Wikipedia

絵画をかける際の金具を総称してヒートンとざっくり呼ぶ場合もあります。

スポンサーリンク

ヒートンの使い方

キャンバスの木枠やパネルの裏にねじ込んで
ヒモを通すことで壁に吊り下げられるようにします。

ねじ込みやすいやり方
1.千枚通しやドライバーなどで木枠に穴をあける

2.ヒートンをさしこむ

3.手でねじり込んでいく。ヒートン回しなどを使うと楽。

スポンサーリンク

ヒートンと洋灯吊り

ヒートン

ヒートンは頭の部分がふさがった丸の形をしているもの

洋灯吊り

洋灯吊りはふさがらず?の形になっているものを指します。
商品によってはカタカナでヨートーツリとも

ヒートンのほうがヒモが取れにくいので安心です。

手に入らないときは洋灯吊りでも。

スポンサーリンク

どこで販売している?

ヒートンはコーナンなどのホームセンターで販売しています。
ビスや釘などのコーナーを探して見てくださいね。

一瀬が住んでいた地域のコンビニでは、
大小のサイズが入ったものが販売されていました。

お近くのコンビニももしかしたら置いているかも?

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし 絵の道具
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆