6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

ターナーのアクリル絵の具といえば!「アクリルガッシュ」

スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です
あなたは大阪の画材メーカー ターナー色彩が出しているアクリル絵具、アクリルガッシュをご存知でしょうか?

一瀬
一瀬

アクリルガッシュといえばターナー…!

スポンサーリンク

アクリルガッシュの特徴

美術科があった高校や美大の方は授業などで使ったことがある人も多いのではないでしょうか。
メジャーなアクリルガッシュの特徴をおさらい。知らない方はこんな絵の具なんだ!と知ってもらえたら

一瀬
一瀬

使いやすくていい絵の具なんです。

色のび

よくのびるので広い面でもムラなく塗ることができます。
アクリルガッシュは不透明な絵の具なので、修正したいときも重ね塗りすることで均一に手早く手直しすることが可能。

早く乾く

アクリル絵の具のメリットは速乾性がたかく、作業をガンガン進められること。
夏場に薄く塗った絵の具であれば10分もしないうちに乾いていきます。

水にとけない

チューブから出した半液状の状態は水にとかすことができますが、一度乾いてしまうと塗膜状になって水にとけません。下の色を気にすることなく重ね塗りできます。

マット

乾いた後の仕上がりが非常にマットで、落ち着いた風合いになります。

接着力

強力な接着力なので、紙や木、キャンバスといった絵を描くのにポピュラーな素材以外にも絵を描くことができます。

アクリルガッシュ対応素材/紙・木・キャンバス(水性・油性)・モルタル・石・スレート・ガラス・アルミ・鉄・カラートタン・硬質塩ビ・スチロール・発泡スチロール・アクリルほか

ターナー アクリルガッシュ紹介ページより

非常に使い勝手がよくいろんな場面で使えるのがアクリルガッシュです。
豊富な色数があるので、色をそろえることで混色の手間をはぶいて作業することができますね。

スポンサーリンク

他のメーカーのアクリルガッシュ

一瀬
一瀬

アクリルガッシュはターナーが一番よく見かけるよ

ターナー以外のメーカーも名称は違いますがアクリルガッシュタイプの絵の具を販売しています。
多くの画材店ではターナーを取り扱っていることも多く巡り会えないことも多いのが現状です!

ホルベイン アクリラガッシュ

リキテックス ガッシュアクリリック

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆