6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

アート・美大を題材にしたマンガ【5つ】

スポンサーリンク

こんにちは、当ブログ(トロイの絵筆)を運営している絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

アートや美大に興味があって…

漫画で美大をテーマのものを見たいんですけどオススメはりますか?

スポンサーリンク

【ド定番】ハチミツとクローバー


美大生が大学生活を送る美大を題材にした羽海乃チカの作品。実際に武蔵野美術大学に取材したハチミツとクローバーが美大の漫画といえば定番。

作品を作る悩みに恋愛に、この作品をみて美大への憧れを抱いた方は多いであろう作品。

アニメ化や映画化など漫画以外も楽しめる。

スポンサーリンク

かくかくしかじか


海月姫やタラレバ娘の東村アキコが描いたかくかくしかじか

作者の実体験をもとに、地元の絵画教室に通いながら、大学へ進学し漫画家になるまでが綴られている。

画家になることを期待されながらも、折り合いがつかず、奔放に過ごす描写など、多くの人が思わず共感してしまう内容

本屋大賞を受賞している。

スポンサーリンク

ブルーピリオド


作者が日本の国立芸大、東京芸大出身という漫画。

あつい予備校での受験準備や、受験までの葛藤が描かれている

つくるひとの共感が多数きかれる作品

スポンサーリンク

最後の秘境 東京芸大


2017年に同タイトルのノンフィクション作品からコミカライズ化。

芸大という他からすると謎に満ちた空間を実体験をもとに描いてくれる作品。

通っていた人はあるあるーと頷き、通ってない人はどうしてそうなった??と首を傾げてしまう。

多くの話題をさらった文庫版が読みやすくなった。

▼原作はこちら

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

おすすめの本
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆