赤色の作り方【絵の具で赤は作れない!?】

[temp id=2]

赤色を使いたいけどてもとにない、赤をどうにかして作る方法はないのかな?

この記事を読むと赤は作れるのかどうか?
作るにはどうしたらいいか?が分かる内容になっています。

10年ほど絵の経験があり、個展経験などもある一瀬がお届けします。

悲報:簡単に赤は作れません


赤を混色でつくりたいな、というあなたへ、まず残念なお知らせがあります。赤は残念ながら混色では簡単につくれません。

原色の三色


絵の具のなかで原色と言われる三色は絵の具を混ぜてキレイな色を作ることはできないからです。

作れないから三「原」色と言われているんですね。
ざっくりいうと「赤」「青」「黄」が原色です。

簡単にできないとしてどうすればいいのか?何かで代用するなら?
という部分をお伝えします。

残念ながらセットには入っていません


マゼンダやイエローといった三原色はざんねんながらセットには入っていません。

三原色のセットが売っている


最近は原色を意識してメーカー側もどれがこの絵の具では原色に近いのか、これが原色です!という「プライマリー」とついた絵の具が市販されています。

オレンジで代替する


絵の具セットをつかっているのであればオレンジや赤に近しい色があるかと思います。

絵の具を買わずにというのであれば他の色で代用するしかありません。

混色でつくるなら


絵の具を買ってもいいから混色で赤を作りたいというあなたには赤の作り方をお話しておきます。

マゼンダとイエローを混ぜると


色の三原色は「赤」「青」「黄」とかきましたが、

実際には「マゼンダ」「シアン」「イエロー」が絵の具や印刷インクの三原色とされています。

マゼンダとイエローを混ぜることで赤になるので、どうしても混色でつくりたいばあいはこの二色を手に入れましょう

絵の具のもとをつかう


絵の具のもととなる色の粉「顔料」とのりざいを混ぜることで好きな色の絵の具を自分でつくることができます。

大きな画材専門店だと手に入ります。

しかし絵の具をつくるさいは毎回作る動作からはじまるので、手間や準備物が多くなるので、初心者の方にはオススメできません。

さいごに


赤は簡単には作れないというおはなしと、代用するなら?混色はどうしたら?をお伝えしました。

赤は使用頻度も各色の中では高く、素直に手元にあったほうが便利ですよ。