>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

アクリル絵の具で透明な表現をしたい!【透明色とメディウム】

スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智です。

アクリル絵の具で透明感のある表現をしたいけど
やり方がわからない…どうしたらいいの?

そんなひとに見てほしい記事です。

スポンサーリンク

アクリル絵の具には「透明」と「不透明」がある

ラベルに透明や不透明、半透明などが書いています。

透明色

その表示のとおり透明なものは
重ねぬりしたときに下が透けた表現ができます。

不透明

不透明なものは重ねぬりしたとき
下の色をおおい隠して描いていくことができます。


透明感のある表現なら
意識して透明色を使ってみましょう。

スポンサーリンク

ガッシュとアクリル絵の具は少し違う

アクリルガッシュ

すべての絵の具が不透明で
ムラなく均一な塗りができる。

アクリル絵の具

透明や不透明など色によって性質が違います。

透明感のある表現から油絵のような質感まで

透明感の表現をするならガッシュより
アクリル絵の具のほうが得意です

スポンサーリンク

メディウムを使うことでさらに透明感とツヤを

絵の具にメディウムというものを混ぜることで
透明感やツヤを足して使うことができます。

薄い層をのせたり、グラデーションにと
いろいろなことに使うことができます。

ジェルメディウム

透明感とツヤを増します。

固さやツヤにいくつもヴァリエーションがあります。
目指す表現にあったものを探して見てください。

アクリル用ペンチングメディウム

水のかわりに使うことで
絵の具をゆるめることができます。

ふつうに水で描くよりも丈夫な画面を作ることができます。

グラデーションメディウム

アクリル絵具の利点でもある「乾燥時間が早い」は、
グラデーションや緻密な画面をつくるときに扱いにくい場合があります。

このメディウムを使うことで乾燥時間を遅らせることができます。


【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具 画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆