>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

大きいサイズのアクリル絵の具を紹介【透明・不透明別】

スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

大きな絵を描いていると小さなチューブの絵の具ではすぐなくなってしまいますよね。

小さいのはすぐなくなるし
大きいものはないもんかの…

そんな方にオススメの大容量アクリル絵の具をご紹介します。

スポンサーリンク

アクリ絵の具とアクリルガッシュ

アクリル絵の具には水彩のようにも油絵のようにも描ける一般的なアクリル絵の具と
不透明でマットにしあがるアクリルガッシュタイプがあります。
タイプ別に大きなサイズがある絵の具を紹介していきますね。

スポンサーリンク

アクリル絵の具

アムステルダム アクリリックカラー

ターレンスからでているアムステルダムシリーズ
大容量かつ比較的安価に手に入るので、大きな作品をつくるさいや、多くの作品をつくるさいに便利

特別色(パールなど)を含めて全90色と大容量絵の具のなかでは多くの色が揃えられているので、調色が面倒くさい人にも親切。

リキテックス ベーシックス

リキテックスからでているベーシックスシリーズ
アムステルダムとおなじく安価で扱いやすいアクリル絵の具。

リキテックスの入門用絵の具として用意されている。
全48色と少なめのナインナップ。逆に色で迷わない

ホルベイン アクリリックカラー

ホルベインのアクリリックカラーシリーズがチューブタイプでなければ330mlの大容量サイズが販売されている。
しっかりとした粘りと彩度の鮮やかさが特徴で、油絵のような重厚感がある。

安価じゃない大容量がいい!という方はこちらをオススメします。

スポンサーリンク

アクリルガッシュ

不透明でマットな仕上がりになるアクリルガッシュ
大きなサイズが出ている絵の具を紹介します。

ターナー色彩 アクリルガッシュ

不透明なガッシュタイプで一番人気があるのはターナー色彩のアクリルガッシュ
チューブタイプで100mlまで取り揃えています。
入手方法は大きめの画材店か、通販でゲットできます。

不透明なアクリルガッシュだとターナーのものが一番手に入りやすいですね。

アムステルダム アクリリックガッシュ

アムステルダムからは取り回しのききやすい少しこぶりな70mlサイズのガッシュが販売されています。
大容量で基本の色が多く取り揃えられているので扱いやすいです。

リキテックス ガッシュアクリリック

チューブタイプでは60ml、ボトルタイプでは4000mlまで揃っているのがリキテックスのガッシュ・アクリリックシリーズ

ホルベイン アクリル絵の具 マットタイプ

ホルベインからはアクリル絵の具マットタイプという絵の具が販売されています。
あまりお店では見かけないので巡り会う機会は少ないかもしれません…

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆