>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

絵の具を科学の視点からとらえる? ホルベイン「絵具の科学 改定新版」 

スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です
今回は絵具メーカーのホルベインが出している本をご紹介します。

一瀬
一瀬

日本を代表する絵具メーカー!ホルベイン!

絵を描く人も案外絵具が何からできているか?
もともとの素材はなんなのか?どういう特性や歴史があるか?

売っている絵具はすでにチューブだったり絵具になった状態で買うので、知らずに描いている方も多いと思います。

また技法書も技法や特性を絵描きの視点から捉えたものが多いなかこの「絵具の科学」絵具をつくるメーカー側が書籍をつくったということが大きい特徴です。

スポンサーリンク

科学の視点から絵具をみてみると面白いに違いない

何気なく使う絵具、使っていると何からできているんだ?と素朴な疑問は浮かびつつもすぐに忘れてしまって知らないままになっていることも多々ありますよね。

改めて考えるとたしかに!がいっぱい詰まっていますよ。

当たり前だけど気にしないこと

…絵具は乾かねばならない!

…絵具は描くものに固着せねばならない!

何気なくつかっていると意識することもないことも

一瀬
一瀬

改めて考えてみるとたしかに!
そうじゃないと絵描けないよね。


ということが多々

スポンサーリンク

絵具の成分について知ることができる

それとなく知っているような絵具の特性の違いだけど、成分については知らないという方は読んでみると知れることがいっぱい!

気になるポイント

アクリル絵具・油絵具・水彩絵具いろいろな絵具があるけど何が違うんだ?
色を塗ったり絵を描いたり似たようなことができるけど違いはなに?

本書をみていけば絵具の種類による違いが理解できます。

スポンサーリンク

絵具の製造工程についても知れる

油絵具の製造工程の解説が本書には掲載されています。
なんだけど…写真だけではごつい機械に色の液が入っていたりするだけに見えます。

一瀬
一瀬

うーん…よくわからない!


実際に工場見学にいくと、このシーンか!と繋がるので機会があれば工場まで一度見に行ってほしい。

見出し

ホルベインでは定期的に大人の工場見学として大阪枚岡工場を見学できたりします。


気になる方はぜひ見に行ってみてくださいね。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

おすすめの本
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆