グループ展や個展のDMをつくりたい!どうやってつくる? 

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です
グループ展や個展を告知するときに告知するハガキの作り方をお伝えしていきます。

一瀬
一瀬

グループ展や個展のお知らせハガキDM(ダイレクトメッセージ)というよ

へー…そうなんだ!
でんそのハガキをつくりたいけどどうしたらいいの?
サイズやつくりかたは?

作ったこともないので作り方のイメージがわかない!
というあなたにおすすめの記事です

DMハガキの基本

ハガキサイズが定番

ハガキ大の 100×148mm が定番のサイズ


DMの多くはハガキサイズにすることが多いです。
ポストにも投函しやすく、直接渡す時やお店に置いてもらうときも定番の大きさだと渡しやすいですね。

実際に会って手渡すことも多いのでハガキ大が扱いやすいです。

もちろん定番のハガキサイズ以外にしても問題ありません。
なれてきたら大型のものや、三つ折りのもの、A5サイズなどなど適宜目的にあわせて変えてみましょう

載せる情報

DMハガキは多くの場合、お客さんが展示やイベントをみる前に手に取ります。
手に取ったあとにお客さんが来やすいように載せる情報を決めていきます。

DMの表はなにを載せる?

展示DMの例
一瀬が過去に作成したDM
ネオンサインを参考に光っているver(左)と光っていないver(右)を作成した

表に載せる情報として多いもの

・展示名
・作品イメージや展示イメージ
・参加作家
・日時や場所名

展示名はタイトルなどを決めていれば記載しておきたいです。
決まっていない場合は「〇〇個展」や「〇〇グループ展」(〇〇のなかは個人名や団体名)
などがよく使われていますね。

作品イメージや展示イメージを載せることでお客さんが内容をイメージしやすく、作品自体に興味をもってもらいやすくなります。
作例のDMハガキではあえて作品イメージを使わず全く関係ないイラストを使用しました

裏はなにを載せる?

裏に載せる情報として多いもの

・展示名
・日時
・マップ
・つかう場所の住所
・HPやtwitterなどのweb情報

裏面にはマップなどを配置して位置情報や住所などをわかりやすく記載すると親切です。
展示場所によってはこの情報を入れてほしい!など指定があったり

表と重複する情報はいらない!
これ以外もいろいろ入れたい!などは適宜あったものを入れるとよいです。
郵便はがきとして送るさいは、郵便はがきのルールがあるので、要確認です。

どうやってつくる?

載せる情報を決めていきました。
つづいては実際にどうやってつくるか考えていきましょう。

入稿データを作成

一瀬は基本的にパソコン上でデータをつくってDMを作成していきます。
一口にデータといっても使えるソフトは色々

Adobe Illustrator

一瀬はアドビのイラストレーターから作成しています。
フォトショップの方が使いやすいという方はそちらでもOK

Adobe

Canvaなどのwebサービスを使う

いまはウェブブラウザ上でデザインデータを作成できてしまうCanvaといったサービスがでています。

無料版とプロ版があり、無料版では使用の制限などはありますが、それでも多くのテンプレートの中から作成することができるので、気軽にはじめるにはとても便利ですよ。

WordやExcelでも

ワードやエクセルを使ってデータを作成している人もいます。
普段から文書作成で使い慣れているならこちらを使用しても構いません。

手描きで作成

アナログ的に手で描いていくのもアリ

簡単に済ますのであればコピー用紙にペンで手書きでも
お好きな画材で描くのもいいでしょう。

あなたの目的にあった制作方法でつくってみましょう。

どうやって印刷しよう?

あまり告知しないんです!ということであれば全て手描きでも問題ありません。

ギャラリーによっては「何百枚~何千枚用意してください。」としているところもあるので
そうなれば全て手描きはなかなかの苦労です。

いまはネットプリントなども多くあるのでネット上で注文して印刷してもらった方が断然楽ですね。

印刷会社に入稿する

ネット印刷で簡単に印刷
納期が長いほど安くなることが一般的です。
直前ギリギリに考えるとまったく告知できなかった!となるので、余裕のある入稿をオススメ

ラクスル

テレビCMなどでおなじみのラクスル
手軽に頼みたいならラクスルが便利です。

ネット印刷でお馴染みのラクスル

グラフィック印刷

豊富な紙、厚さを選択できるネット印刷です。
価格を抑えながらもキレイな仕上がりでよく利用しています。

24時間注文・入稿受付OK。実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」

自分で印刷する

ネットを使っての印刷はなんだか大変…
手描きで描いたものをコピーしたい!という場合は自分で印刷するのも1つです。

コンビニプリント

お近くにあるコンビニのプリンターを使って印刷/コピーする方法
手早く手元に欲しいときは重宝しますね。
モノクロであればサイズはどれでも10円から印刷できるのでA4サイズに印刷したい場合、
A3に印刷してあとで半分に切ると値段は変わらず倍の数が刷れます。

セブンイレブンのプリンターが質がいいとの話です。
と聞きながらまわりにファミリーマートが多いのでファミリーマートでよく印刷しています…

自家プリンターで印刷

自宅に家庭用プリンターがある場合はもちろんそちらを使っての印刷も
インクや買ってくるハガキなどの手間を惜しまなければ経済的にDMが作成できます。