創作活動をする人へ名刺のススメ

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です
創作活動をするなら持っておいて損はない、名刺の作り方をお伝えしていきます。


創作活動をしていて、発表していくとなにかと名刺をもらうことが増えるもの。

交流会や人が集まる場所でもあんまり自分に興味無さそうだな~という人には渡してもそのあと繋がらないのは目に見えているが何が起きるかはわからない。

自分が特にいいな!と思った人には渡しておきたいところです。

ハンドルネーム&TwitterやSNSだけでもいいので名刺をつくっておくとそんな時に渡せて便利。

展示やイベント時にあると活躍します

名刺があると展示やイベントに参加して、パッと自分のことを伝えるときに便利です。
作家活動をしているとあなたの活動を知りたい人や、連絡先やSNSをみてみたいという方がきっと現れます。
手短にあなたの簡単な情報を伝えるのには名刺があると楽チンなのです。

どうやって名刺を作る?

一瀬は基本的にパソコン上でデータをつくって印刷会社に入稿しています。
一口にデータといっても使えるソフトや印刷会社がいくつもあります。

そのなかでも一瀬が使用したことがあるオススメのものをお伝えします。

入稿データを作成する

Adobe Illustrator

一瀬はアドビAdobeのイラストレーターから作成しています。
フォトショップの方が使いやすいという方はそちらでもOK

Canvaなどのwebサービスを使う

いまはウェブブラウザ上でデザインデータを作成できてしまうCanvaといったサービスがでています。

無料版とプロ版があり、無料版では使用の制限などはありますが、 それでも多くのテンプレートの中から作成することができるので、気軽にはじめるにはとても便利ですよ。

手描きで作成

アナログ的に手で描いていくのもアリ
書を用いた作品が線や文字を売りにしているのであればすべて手書きでもインパクトがありますね。

初めてつくるひとは有料ソフトを買わずにCanvaなどで作るのをオススメ

名刺を印刷する

名刺の印刷は自家用プリンターでの印刷も可能ですが、オススメはネットプリントを活用した印刷です。

印刷料金はかかりますが入稿さえすれば枚数をまとめて手軽に作ることができます。

ネットの名刺印刷オススメサービスをお伝えします。

ラクスル

CMなども多く放送されている人気ネットプリントサービスのラクスル
名刺印刷であれば片面カラー100枚で500円程度から注文できます。
ワンコインで印刷できるので手を出しやすいですね。

ネット印刷でお馴染みのラクスル

グラフィック

グラフィック印刷も人気があるネットプリントです。
紙の種類を豊富に選べるので紙にこだわりをもって名刺をつくりたいというあなたがラクスルではなくグラフィックで印刷することをオススメ

高品質と低価格。驚きのコストパフォーマンスを実現!「印刷の通販 グラフィック」

whoo

デザインはできないけどカッコいい名刺をつくりたいという方はテンプレートでカッコいい名刺がつくれるwhooというサービスもあります。

オシャレな名刺を簡単作成!カスタムデザイン名刺【whoo】

名刺印刷ドットコム

テンプレートをつかってカンタンに印刷したいあなたはこちらのサービスも便利です。

ビジネス名刺専門通販サイト「名刺通販ドットコム」

情報はなにをのせる?

・名前orハンドルネーム
・肩書き(わかりやすいのがあれば)
・連絡先(電話やメールアドレス)
・各種SNSのIDやURL(QRコードもあり)
・ホームページの情報
・住所や事務所の場所(へんな人が来るかもなので載せる場合お気をつけて!)


作品をつくっているなら作品画像やデザインで興味を惹くものにすると、会話が広がっていきやすいですよ!

https://art-daichi.com/namecard-2/

名刺とりあえず作ってみては?

FacebookやTwitterがあるので名刺は刷らない!という人もいる印象。それはそれでアリ。

名刺を渡しておくことで興味を持った人は実際に連絡が続いて発展することがある。

パッと渡せる名刺はそんなときに便利だなあと活動していて感じています。

はじめての人は渡すのにマナーは?テンプレートは?とかいろいろ考えちゃうけど

一度作ってみて少しずついいと思うものに変えていくのがよいかと!

使わないなら使わないで次から作らなければいいしね!