個展で名前を書くあれはなに?はなんなの?【名称と役割を知る】

こんにちは、画家の一瀬です。


「よく個展で名前を書くあれはなに?」
「書くものの名称とかあるの?」
「個展するんですがどういう役割があるんですか?」
「個展をするときは絶対にいるんですか?」


上記のような疑問を解消していきます。


この記事を読めばあのノートの名称や用途がわかりますよ。
実際に個展を開催している、一瀬がお伝えしますね。

個展に名前を書くあれの名称


さっそく気になる名前を書くあれの名称から。
あのノートは

芳名帳 芳名録


などの名称で呼ばれています。
単に

サイン帳 記入帳 ゲストブブック


などとも
主な記入欄は名前・住所・メールなどでしょうかね。


アンケートの役割を兼ねて、感想欄が設けられていたりします。

こういうやつ

どんな役割があるのか?



じゃあ芳名帳はどんな役割があるのか?
というと主には下記の2つ

名前を書くことで誰がきたかわかる。
住所を書いてもらうことでやり取りができる。

誰が来たかわかる


名前を書いてもらうことで、誰がきたかわかります。
身内などを多く呼んでいる場合はこういう効果もありますね。

住所を書いてもらうことでやり取りができる


住所を書いてもらうことで、後日にお礼状や次回のお知らせなどを送ることができます。

芳名帳の主要な目的としてはこちらですね。


では、ここからは開催する側のめせんからみていきます。

作家にとっては結構重要な芳名帳


芳名帳は作家にとってなかなかの重要な役割をもっています。
これは先ほどお伝えした通り、

のちのちDMや連絡を送れる


が主な役割です。
すでに作品を購入してくださったお客様や、興味があったお客様にもう一度見てもらうチャンスを作れるから重要なんですね。

個展に芳名帳絶対に必要ですか?


で、よく、でてくる疑問は芳名帳はいるのか?


ということですが、積極的に住所や連絡先をきいて、お知らせをしたりつながっておきたいという場合は必要だ。と言えるでしょうね。

「身内が来たかどうかわかるためのノート」
としてならわざわざ用意する必要はないなというのが個人的意見です。


積極的にお客様に書いてもらって、送っていく。
なら用意してみましょう。

芳名帳が堅ければスケッチブックなどを


百貨店などではないし、芳名帳までいくと堅苦しい…ということであれば
スケッチブックなどを代用して、名前などを記入してもらうのもありです。

記入してもらうだけなら小さめのスケッチブックがちょうどいいです。

とはいえもう少し現代的なやり方もある


必要だとはいっても、この現代においてなかなか「住所や連絡先を書くのが抵抗がある。」

という方も多くいます。


なので、もう少しカジュアルにSNSやLINE@などをつかって繋がるのがいいかなと思います。


SNSはフォローもフォロー解除もワンタップで容易なので、心配な方はメールアドレスなどがいいかもしれませんね。



・・
・・・

以上が個展で名前を書くあれ「芳名帳」の役割などでした。