6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

絵の具に記載されている記号【PW6】とか【PBk11】ってなに?

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

絵の具には色々な表記がありますが今回はその中でも

多くのメーカーの絵の具でも共通して記載されている
【PW6】【PBk11】といった記号について解説

スポンサーリンク

この記号はなに?

カラーインデックス (Colour Index International, 略称 C.I. ) は、英国染料染色学会 (The Society of Dyers and Colourists, SDC) と米国繊維化学技術・染色技術協会 (The American Association of Textile Chemists and Colorists, AATTC) によって共同で存立されているデータベースである

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

あの謎の記号はカラーインデックス(C.i.)というもの。

カラーインデックスは着色剤を産業的に分類したもので
1924年に編集され、英米の色材関係法人が現在まで脈々と改訂を続けています。

この表記を共通表記として用いているメーカーも多いので
絵の具には同じ記号がのっているんですね。

スポンサーリンク

記号の読み方は?

よく絵具に用いられているものは

種類+色相+番号

ひとつの顔料を表す記号で
たとえばフタロシアニンブルーはpigment blue 15(pb15とも)

PB15と表記されているものはおなじ顔料が使用されていることがわかる。

スポンサーリンク

記号の読み取り方

種類→顔料(P) 天然原料(N) 絵の具では主にP

色相→赤(R) 橙(O) 黄(Y) 緑(G) 青(B) 紫(V) 褐(Br) 白(W) 黒(Bk) 金属(M)

番号→登録された順番

タイトルにでていたPW6とPBk11は

PW6 (pigment white 6)

種類 → 顔料(P) 色相 → 白(W) 番号 → 6
白の6番 チタニウムホワイトに記載されている


PBk11(pigment black 11) 

種類 → 顔料(P) 色相 → 黒(Bk) 番号 → 11
黒の11番 オキサイドブラックなどに記載されている

ということ

スポンサーリンク

どう利用したらいい?

市販されている絵の具はすでに混色されているものも多く
記号をみることで何が混ざっているか確認できる。

案外混色で作れるんだ!とわかったり

絵の具は混ぜれば混ぜるほど彩度が落ちていくので
多いものでは3色以上が混ざっているので
これは混ぜない方がいいんじゃないかな?と気をつけることができる。

スポンサーリンク

さいごに

【PW6】【PBk11】などの記号はカラーインデックスという

多くのメーカーが共通でつかっていて絵の具の場合
顔料(P)+色(OやV)+番号
で表記されている。

絵の具を買う際はいとど気にしながみてみてくださいね

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆