>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

アクリル絵の具の乾燥時間はどれくらい?乾燥を遅くする方法は?

アクリル絵具
スポンサーリンク
一瀬
一瀬

こんにちは、絵描きの一瀬大智です。

アクリル絵具で絵を描いていると乾くのが早いなと感じることがあると思います。
夏場は特に目を離すとすぐに乾いてしまいますね。

アクリル絵の具はどの程度で乾燥するの?

乾燥が早すぎて使いにくいんだけどいい方法ない?

アクリル絵具の乾く時間について気になるあなたに読んでほしい記事です。

スポンサーリンク

アクリル絵の具はどくらいで乾燥するの?


アクリル絵の具の乾燥時間は

10分〜30分

温度や絵の具の厚さ何に塗るかによって乾く時間は大きく変わってきます。
薄塗りで10分から30分程度で乾いて上から描ける状態になります。

アクリル樹脂を使っているアクリルガッシュやジェッソも同じ程度の乾燥時間ですよ。

完全に中まで乾燥する時間は72時間とされています。

スポンサーリンク

乾燥が早すぎる!そんなときは?

遅延メディウムをつかう

早く乾いてしまうと画面上での混色や、
グラデーションがしづらいですよね。

乾燥が早すぎて使いにくいというときは、
遅乾メディウムを混ぜて使うと乾燥時間をゆるめることができます。


スローメディウム

リターダーメディウム

という商品名で各メーカーから市販されています。

霧吹きも有効


パレットに出ている絵の具がすぐ乾くというときは、
絵の具に霧吹きで水をかけると乾きを抑えることができるのでこちらもオススメです。

制作する画面自体にふきかけてノビをよくするのもオススメの使い方です。

スポンサーリンク

アクリル絵の具 on 油絵の具は要注意!


アクリル絵の具の完全な乾燥時間
約72時間とされています。

油絵の具を上から乗せる場合は
水分の影響ではがれたりと困ったことになるので、

3日ほどよく乾かしてから作業してくださいね。

スポンサーリンク

さいごに


環境や厚みの影響もありますが、
アクリル絵の具の乾燥時間は薄めに使って

10分〜30分

とても乾燥が早くサクサクと作業ができます。
乾燥が早すぎる場合は

遅乾メディウム

を使うことで調節することができますよ。



【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具 画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆