ライブ配信開催中、遊びに来てね
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

キャンバスのF・M・Pってなに?

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

キャンバスには同じ号数…3号でもF・M・Pの3種類が市販されています。

パッとみて大きさが違うのかな?とはわかりますが
何が違うんでしょう。

F・M・Pの由来と
サイズの基準について見ていきましょう。

スポンサーリンク

F・M・Pの由来



まずは由来からみていきましょう。
F・M・Pは下のフランス語の頭文字からとられたものです。

F(人物 / Figure)
M ( 海 / Marine)
P (風景 / Paysage)

それぞれのモチーフがよく描ける比率ということで愛称がつけられたようです。
現在もサイズの表記として愛称が残っています。


スポンサーリンク

短辺の大きさが違う!


アルファベットは短辺の長さをあらわしていて

F > P > M 

の順番で長くなっていきます。



スポンサーリンク

F・M・Pサイズはそれぞれ何が基準?


FとMは黄金比(人が美しいと感じる縦横の比率、おおよそ 1:1.6 )が基準につくられています。

Pはコピー用紙などで使われるAやBと同じ白銀比を基準としてつくられています。


・M → 縦横が黄金比率そのまま

・F → Mサイズを2分割したもの

・P → 縦横が白銀比のもの

スポンサーリンク

SやSMサイズも

F・M・PのほかにもSやSMといったものもあります。

Sは(正方形 / Square)という意味で1:1の正方形キャンバスです。


1号サイズより大きく2号サイズより小さいSMというサイズが売っています。
1号よりもSMのほうが多く出回っており、このサイズだけの展示会なども多いです。


しかしサムホール/thumb hole ←なぜここからSMになったのか…?
わからないので知っているかたいれば教えてください!

スポンサーリンク

さいごに

キャンバスの比率は

S > F > P > M

の順にSから短辺が短くなっていく。

Sは正方形
FとMは黄金比率
Pは白銀比

が基準になって作られたことがわかりました。

絵を描くときにはあまり関係ありませんが
知っておくと画材屋で買うときに困りませんね。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆