>>こっそりソロ絵描きの生存戦略を

アクリル絵の具を使った後の筆ってどう洗う?洗い方

アクリル絵具
スポンサーリンク
一瀬
一瀬

こんにちは、絵描きの一瀬大智です。

はじめての画材で絵をかくと素朴な疑問がいっぱいでてきますよね。
そのなかでも

アクリル絵の具を使った後の筆ってどう洗うの?
だれか教えて

そんな時にみてほしい記事です

アクリル絵の具の注意点と洗い方について

スポンサーリンク

アクリル絵の具はすぐ乾く!


アクリル絵の具はすぐ乾くうえに、乾いたら水では溶けないので
油断して筆を置いておくとすぐに固まってしまいます。

筆がガチガチに固まったら最後、水では落とせず使いづらくなってしまいます。

・制作中もこまめに水につける。
・その日の作業が終わったらその都度洗う。



に気をつけることで長く筆を使えますよ。

スポンサーリンク

使った筆の洗い方

1.水で洗う



アクリル絵の具の筆は水で洗うことができます。
描き終わったらすぐに洗うとながもち。

筆がキレイになったと思っても絵具が筆の中に残っていることも多いので、

筆洗なら水を替えながら数回よく洗います。
蛇口で直接洗うなら、筆先をもみながら洗います。根元にも絵の具がのこっているのでよく落としてくださいね。

2.布などで水分をしぼる



なんどかしぼりながら、筆に残った絵の具をとりながら洗っていきます。

洗い終わったら筆の水分をよくとって、筆の形を整えて終わりです!

スポンサーリンク

アクリル絵の具ならナイロンの筆がオススメ


動物毛の筆でアクリル絵の具を使うと丁寧に扱わないと、毛がすぐに切れたり使い物にならなくなったり。

なので安価で取り替えのしやすいナイロンの筆で描くことをオススメします。

スポンサーリンク

使ったパレットはどうすればいい?

プラスチックのパレットを使っている場合はスポンジなどで洗い流します。

しかし、手入れが大変でアクリル絵の具には扱いづらいので
使い捨ての紙パレットがオススメです。

板についたまま使って、作業が終わったらはがしてゴミ箱に捨てるだけ。
とてもお手軽に作業ができます。

紙パレットは画材店で販売していますよ。

スポンサーリンク

さいごに

アクリル絵の具は乾くのが早いのでこまめに洗うことが大切。
洗わなくても水につけておきましょうね。

洗うときは水ですすいできれいに。

パレットは紙パレットがオススメ
買うのはもったいない!という場合は

ヨーグルトのフタやアイスの容器など
プラスチックの容器で代用も可能ですよ。

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

アクリル絵具 画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆