6月 13日14日 大阪 塚本エレバティ グループ展
web展覧会開催中

ぼんやりと落ち着ける眺めがある暮らし
遠く見つめる何気ない風景

外に出にくい今だからぼーっと眺めませんか

作品ページはこちら

キャンバスってなに?【カンヴァスとは?素材と歴史】

画材や技法のはなし
スポンサーリンク

こんにちは、絵描きの一瀬大智(@daichiichinose1)です

美術館で飾っている絵の説明書きの素材の説明に、「キャンバス」って書いていたりします。いったいキャンバスってなんでしょうか?解説していきます。

一瀬
一瀬

ちなみに美術館の説明書きはキャプションといいますよ

スポンサーリンク

キャンバスって?

キャンバスとは一般的に平織り(縦と横の糸)でつくられた厚手の布のことをさし麻や綿であまれています。


なのでファッション用語でもよくキャンバス生地がでてきたりしますね。

近年は合成繊維など安い素材のものも多くでまわっています。

カンヴァス、カンバス、帆布、画布ともいいますね。
キャンパスだと大学のことになるので注意です…。

キャンバスとは

平織りの厚手の布
素材は麻や綿が多い
いろんな言い方がある

スポンサーリンク

布をどうやって使うの?

キャンバスは油絵やアクリル絵具で絵を描く画面として使われることが多く、四角に組んだ木の枠に布をはりこんで使います。




張り込む作業を描き手が行うこともありますが、現在は画材屋ですでに張ったものが市販されているのでそちらを買う人のほうが多いでしょう。




このことからキャンバスというとすでに張ったものを指すことが多く布のものはキャンバスロール(ぐるぐる巻いた物)などとして売られています。

スポンサーリンク

キャンバスはもともとは白くない?

市販されているものの多くは表面が白く裏が生成り色をしていることが多いです。

表面には発色や絵具の透過防止などのためにすでに塗料が塗っていて張ってすぐに使えるようになっています。

生地そのまま売っているものもあるので一層目の塗料から自分で塗りたい人はそちらを買ってみましょう。

いちいち高くて生のものを買えない!という場合は塗料がぬっている裏面を使い塗るということも可能ですよ。

スポンサーリンク

いつから登場した?

ヨーロッパの絵画が発達するなかでキャンバスは登場しました。

もともとは木の板に直接描いていたのですが木のサイズによって制約が大きく、経年で反ったり絵がとても重くなるなどの良くない点が多くありました。



15世紀〜ごろから安価で持ち運びも楽なキャンバスが徐々に木の板にかわって使われるようになりました。

布なら織れるサイズであればどこまでも織れるので、巨大な絵も描けるようになっていきました。現在も多くの画家はキャンバスを使用して絵を描いているのです。

スポンサーリンク

さいごに

キャンバスとは

キャンバスとは油絵やアクリル絵具で絵を描くときに使う
 または 木枠に布を張ったパネル状のもの

【ソロ絵描きの生存戦略】

個人で絵描きとして生き残っていく考え方について一瀬が現状集めた情報を共有。

公募展や団体展などに頼らずに個展などを通して筆を絶たずに生き残る考え方や戦略をギュッとお届けします。

どんな内容か気になるというあなたはコチラから詳細へ
>>詳細はコチラ

【応援するボタン】

この記事は、読者が自由に記事の金額が決められるPay What You Want方式をとっています。

 

この記事が気に入ったら、活動を応援してみませんか?気軽に一瀬を応援できます。

画材や技法のはなし
スポンサーリンク
記事を書いた人のプロフィール
一瀬 大智

開設から15万回読まれるブログを運営
関西を中心に活動中の絵描き

総合大学の美術科で油絵を学び
大学院を志望するも合格ならず

就職せず作家活動に入る
子どもと絵を描くイベントや
ローカル芸術祭のADなど日々活動中

一瀬 大智をフォローする
一瀬 大智をフォローする
スポンサーリンク
トロイの絵筆